top of page
  • daiindoh

3月の二十四節気

更新日:4月4日

啓蟄(けいちつ)(毎年35日頃)

春の陽気を感じ、冬ごもりしていた虫や動物たちが目覚めて、土の中から春の光の中へ出てきます。スミレやレンゲ草などが咲き始め春らしさが増してきます。


春分(毎年320日頃)

太陽黄経0度、昼と夜の時間がほぼ同じ長さになる頃で、この日は彼岸の中日。陽気にあふれ日本各地で桜が楽しめる、楽しい季節です。

Comments


bottom of page