top of page
  • daiindoh

2月の二十四節気

立春(毎年2月4日頃)

旧暦では立春のこの日から1年が始まると考えられていました。まだまだ寒さは厳しいですが、梅の花が咲き始めるなど春の兆しを感じることが出来ます。


雨水(毎年2月19日頃)

降る雪が雨に変わり、雪解けも始まる頃。

まだ寒さを感じる日もありますが、柔らかな日差しを受けて草木の蕾も少しずつふくらみ春へと季節は移りゆきます。

最新記事

すべて表示

6月の二十四節気

芒種(毎年6月5日頃) 稲や麦など、トゲ状の突起「芒-のぎ」の ある穀物の種を植える頃。 梅雨の始まる頃でもありますが、紫陽花が見頃を 迎えるなど梅雨ならではの風情も感じられます。 夏至(毎年6月21日頃) 太陽が黄道の北端を通る日なので北半球では 1年で昼が最も長くなり、夜が短くなる頃。 夏至を過ぎ梅雨が明ければ、いよいよ夏本番です。

Comments


bottom of page