top of page
  • daiindoh

3月の二十四節気

啓蟹「けいちつ「毎年3月6日頃」

春の陽気を感じら冬ごもりしていた虫や動物たちが目を覚めて、土のなかから春の光の中へ出出来ます。スミレなレンゲ草などかま咲き始め春らしさが増してきます。


春分「毎年3月21日頃」

太陽黄経(黄道座標経度春分点を零度として東回りに360度まで測る。)0度、昼と夜の時間がほぼ同じ長さに、なる頃で、この日は彼岸の中日。

陽気にあふれ日本各地て桜が楽しめる、楽しい季節でます。


この3年色々ありましたが、この陽気で街に、出かけましょう\(^-^)/

最新記事

すべて表示

7月の二十四節気

小暑(毎年7月6日頃) 梅雨が明け、本格的な夏を迎える頃です。 日差しも強いので、紫外線対策はしっかりしましょう。 暑中見舞いを出し始めるのはこの頃からあ 大暑(毎年7月22日頃) ジリジリと強い日差しが照りつける、1年で一番暑い日が続く頃。打ち水、風鈴、花火など夏の風物詩が、いっとき暑さを忘れさせてくれます

Untitled

暑中暑中 お見舞 申し上げます 盛夏

Comments


bottom of page