top of page
  • daiindoh

2023/08/20

2023年8月20日

葉月


令和5年

平35年・昭98年

日曜日


鎌倉宮例大祭


旧暦7月5日


かのえいぬ 八白・大安


乗り初め、疲養始め

婚礼、葬儀、

種待きは凶


三つ子の魂百まで


中潮

最新記事

すべて表示

6月の二十四節気

芒種(毎年6月5日頃) 稲や麦など、トゲ状の突起「芒-のぎ」の ある穀物の種を植える頃。 梅雨の始まる頃でもありますが、紫陽花が見頃を 迎えるなど梅雨ならではの風情も感じられます。 夏至(毎年6月21日頃) 太陽が黄道の北端を通る日なので北半球では 1年で昼が最も長くなり、夜が短くなる頃。 夏至を過ぎ梅雨が明ければ、いよいよ夏本番です。

bottom of page